レーザー全身脱毛をするのにおすすめの機械

どんな肌でも施術できるライトシェアデュエットが人気
一口にレーザー脱毛と言っても、様々な種類があります。その中でも全身脱毛におすすめなのはライトシェアデュエットと呼ばれる、ダイオードレーザーを使用している機械です。ダイオードレーザーはレーザーが皮膚を通過し、毛母細胞にダメージを与えます。従来のレーザー脱毛や光脱毛では施術ができなかった肌が黒い人の脱毛、日焼けをしている人の脱毛も可能です。その中でもライトシェアデュエットはアメリカの厚生省に認可された信頼の高い機械で、世界でもNo.1シェアなのです。

導入数が増えているので格安になってきている
日本でも導入しているクリニックは数多くあり、日本人の肌質との相性もいいため、効果も高くなっているのでおすすめです。また、シェア率が高いこともあり、施術にかかる料金が安いのも魅力の一つでしょう。メラニンに反応させるタイプではないので、産毛のような細い毛にも対応できます。濃い毛から細い毛まで残さず全身脱毛したいという人にはぴったりです。

従来より痛みの少ない施術が可能
レーザー脱毛は痛みを不安に感じている人も多いと思いますが、ライトシェアデュエットの場合、レーザーは皮膚を通過し毛根にダメージを与える仕組みなので皮膚の表面で痛みを感じることはないでしょう。皮膚の下で痛みを感じることはありますが、我慢できないほど激しい痛みではありません。全身脱毛を行う際にはワキやVIOなど毛が濃い部分にもレーザーを照射しますが、毛が濃い部分というのはどうしてもレーザーが反応して痛みを感じやすくなってしまいます。ダイオードレーザーを使用しているライトシェアデュエットならほかの機械に比べて快適な全身脱毛が行えます。どうしても痛みが我慢できない場合は麻酔クリームを使用するという方法もあります。また照射面積が圧倒的に広いので従来の施術の3分の1の時間で脱毛が完了するというポイントもあります。